読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

ちょっと調べてみた(ラグビー人口)

統計

ちょっと気になったので、ネットで数字を拾ってみたというだけの話。

 

で、いざデータを取ろうとすると結構難しいのですこれが。

 

そもそも、「競技人口」って何?という定義から始まります。

何かの団体に登録している人?

日曜に草野球やる人は、野球競技人口?

週末に子どもとサッカーボールをけるお父さんはサッカー競技人口に入れる?

 

とうとうあります。いろいろ大変らしいです。

 

各種サイトで引用されているのは、笹川スポーツ財団の調査のようです。

www.ssf.or.jp

 

そちらによると、

7位 サッカー 750万人
8位 野球 730万人

だそうです。ラグビーはでてきません。

 

IRB加盟は100カ国に到達 2016年までに競技人口600万人へ|NEWS|RUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国)

ラグビーはこちらによると、12万2368人だそうです。

 

野球、サッカーの10分の1にも満たないようです。今回のW杯で盛り上がって倍になっても、25万人くらいですかね。

 

ただ、野球は世界で3,000万人(日本、米国、メキシコでほとんどとも)に比べると、ラグビー人口は5分の1くらいなので、25万人くらいにいけば立派なものかとも。

 

とりあえず、気になったので、調べてみただけでした。

 

統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法

統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ