読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

話すための英語

もう30年以上英語を勉強しているのですが、ほんと上達しません。
まあ、読み書きは論文読んだり書いたりするのでそれなりになってきたのですが、とにかく話すのがダメです。

 

話す能力を向上させるには話す必要がある

話すというのは、あたりまえですが、実際に話さないといけないわけです。そうなると、英会話が学校やら、オンライン英会話やらをやらないとスキルは上がらないわけです。

英会話学校もたくさん行きました、ノバ(もう潰れた?)、ベルリッツ、GABA、良くわからない新大久保の学校。

新卒の時は外資系にいたので、一年に一度くらいどうしても英語に逃げられない瞬間があります。そういう時は、直前1週間に集中的に通ったりします。確かにそういう時は少し向上しますが、その後は通わなくなり、レベルは下がっていきます。
週1回、英会話など行ってもほとんど意味がありません


別に人と話さなくても良い

さて、今回もおよそ10年ぶりに海外出張が決まり、しかもほぼ一人行動の状況。例によって英会話を検討したのですが、あまりに忙しく集中的に通うは難しい。しかも結構高額。DMM英会話なども検討したのですが、誰がでてくるのかわからないので心理的バリアが高く断念。

 

で、ネットを検索して見つけたのがこちら

こちらの書籍、要するに日本語を見て、英語を言うだけです。しかも中学レベルの英語を一からやっていく内容です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

本当に中学1年からスタートするので、最初は、

「これは良い本です。」→ "This is a good book."

です。これだけ聞くとばかばかしいかもしれませんが、後半になると、

 「君のご両親が君にしてほしいことはもっと頻繁に手紙を書くことだよ。」

→"What your parents want you to do is to write to them more often." 

みたいなのが出てきます。これって中学でならったよね、でもぱっと出てこないよね。というのが体感できます。

 

英語力は日本人はかなりあるはずです。ちょっと立ち止まってじっくり考えれば、難しい文章も読めるし、それなりにきれいな文章が書けます。
ヒアリングの教材もたくさんやっているので、聞き取りもそれなりに上達しています。

でも、口に出すのは苦手です。それは、体にしみこんでないんです。すごく簡単な文章でさえも、条件反射的に出すことができません。

頑張って口にだしてみても、文書に書けば絶対に間違えないようなミスを、平気でやってしまったりします。

"Is this is a flower?"

とか。

会話はある程度、条件反射です。簡単な文章組み合わせで日常会話はさばけます。ビジネスも幼稚な表現かもしれませんが、間違いなく正確に伝えられるようにはなります。

そういったトレーニングがこの本では徹底して行えます。

 

さて、今回アジア圏の海外出張でしたが、まあなんとかなりました。およそ10年間、一応読み書きは勉強してきたので、この本のおかげとはいいきれませんが、それでも仕事の話もなんとか齟齬なく伝えられるレベルにはなっていたかと。

恐らくアジア人、non-nativeどうしということで、互いに気を使って話していたのも大きなプラスではあったかと思います。もしかすると互いに小学生くらいのレベルの文法で会話していたのかとは思いますが、それでも目的は達せられたのでOKです。

この書籍、しっかりやると会話でぱっと文章が組み立てられるようになるので、その点ではほんと効果はあります。

いやほんとだまされたと思ってぜひ一度。

 アマゾンの評価も高いみたいので、そちらもぜひ参考にしていただければと。

 

(こちらはもう一つレベルが上の参考書)

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ