読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

130万円でPM

 話題になっている130万円上限PMです。

 いうまでもなく130万円って大手ベンダーのSEに毛が生えた程度の金額です。

 

前にも書きましたが、IT業界は全体的に単価が上がっているようです。こちらは、エンジニアですが、100万円でも人が集まりません。 

 

元請けはどれだけ抜いているのか

 しかし、130万円というPMというのは、末期的なプロジェクトではないのかと。

 恐らく元請けが法外な値段で受注したものの、社内の優秀なPM援軍は来ず。で、外部からということで協力会社にお願いしたものの断られ、最終手段でネットで募集。元請けはケチって、中抜きして130万円で募集。といった感じでしょうか?

 この案件、そろそろ、クラウドソーシング系のサイトにも上がってくるかもしれませんね。

 

金融系は鬼門?

 ちなみに、昔からの知り合いのSEに話を聞いたところ、

「稼働率下がるとすぐ金融系に抜かれそうになるから大変」

「自分のところから金融に引き抜かれないように必死」

と言っていたのを聞くと、金融系は厳しい職場で、かつ人不足なのかもしれません。

 

130万円人材にできるPMの仕事って

 もしかするとPMとか言いながら、実はちょっとしたPMサポートかもしれません。本当のPMがいて、進捗管理表作るとか、会議資料準備するとか。まあ、これならお得かもしれません。

 

 また、もしかすると生活指導かもしません。昔、大規模プロジェクトでほんとに使えない自称PMがいたのですが、彼がやっていた仕事は、弁当の発注と、朝遅れてくるやつへの叱責です。周りからあれだけ冷たい目で見られてやり通すのは、メンタル強くないとできないよな、とは感じたものです。

 

 はて誰が応募するのでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

ブログランキング・にほんブログ村へ