読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

中堅企業のIT投資予算

 毎年この時期になると来期の予算作りを始めます。

 

 予算作りの度に悩むのが、一体適正な予算とはいくらなのか?

その参考になりそうな数値をいくつかご参考までに。

 

 ちょっと古いですが、中堅企業のIT予算の資料が、

  

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Research/20080819/312968/?ST=research

 

 この資料によると、年商300億~500億クラスの企業で、対年商比0.39%だそうです。

 

 一方で別の調査ですが、JUASの資料によると1%前後となっています。単純比較はできませんが、大企業よりも中小・中堅の方が比率が低い可能性はあります。

 

http://www.juas.or.jp/servey/it12/it12_press_pp.pdf

 

 ただ、JUASの資料と違い、IT予算に含まれる値が、

 

* ハードウエア及びソフトウエアの新規導入費用

* 年間ライセンス料金

* 保守・運用管理に伴う費用(外部委託費含む)

 

 となっており、減価償却は入っていないようです。逆に言うと、JUASの調査が1%以上あるということは、減価償却だけで年商の0.5%以上あるのか?という疑問もでてきますが。。。

 

 どういう調査を行ったのかわかりませんが、上記の3つの要素だけにしても、すこし少ないかなといったイメージです。

 

 ちなみに、うちの場合、少なくとも0.4%だと保守もできない現状です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ