読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

SIer vs WEB屋 その3 無難なWEBサイトへの回帰

WEB屋が大風呂敷を広げて始まったWEB開発のお話の続きです。 blog.sme-itdept.com SIerの逆襲 さてまずは、WEB屋のデザインをもとにSIerが概算見積りを出すのですが、それでは予算に全くミートしないので、詳細を見直します。 まずは、SIerとWEB屋を集めて、…

SIer vs WEB屋 その2

WEB屋に現場部門が陥落することで、WEBのリニューアルプロジェクトが始まったお話の続きです。 blog.sme-itdept.com ゼロベース思考 WEB屋のプロジェクトは、まずはゼロベース、制約なして、デザインが始まります。UXを云々言いながら、デザインのモック、ワ…

要件定義なんて過去の産物?

AI、特にDeep Learningが進むと、システム開発も変わり、IT部門の仕事も変わるのではないかという話の続きです。 blog.sme-itdept.com AI時代のユーザーIT部門 Deep Learningのようなデータ主導の開発になると、これまでのような要件を決める必要がなくなり…

AIでIT部門の仕事はどうなる

ここ数年の第3次人工知能ブームで、Deep Learningはじめさまざまな技術が登場しました。 それらの技術により、自動運転、翻訳等、世界が変わりつつあります。 さて、こんななかユーザー企業のIT部門はどうしていこうかという話です。 これまでのITシステム開…

悪意に満ちたベンダー保守

ユーザーIT部門は、日々ITベンダーと熾烈なコスト争いを演じています。通常は、開発費で戦うのですが、最近はベンダーも勝手知ったるもので、開発費ではゆずって別のところで回収をはかります。 最近目立つのは、ソフトウェアの保守費用です。 上がり続ける…

簡素化される予算

年始の恒例行事、予算策定の話の続きです。 クラウド化で勘定科目が減る クラウド化により予算金額が減っていることは前回お伝えしました。ITシステムをクラウド化していくと、金額だけでなく予算の管理科目が減り簡単になります。 これまでの自社開発の場合…

新年の予算作成

今回の年末年始は休みも短く、あっという間に2016年業務も開始、いつもの生活に戻っています。 新年が始まると予算の追い込みになります。ITの予算も予算確保のため攻防が始まるはずなのですが。。。 クラウドで下がる予算 ここのところ何もしなくても年々予…

卵とにわとりとコンサルタント

中間管理職は、マネジメントが考える新たな取り組み(思いつき?)の受け口とならなくてはなりません。常に、仕事を前向きに受け続ける必要があるのです。 こちらにも書きましたが、特にIT部門は、境界のあいまいな仕事が多数振ってきます。 blog.sme-itdept…

データはIT部門?

前回、IT部門の境界が日に日に曖昧になってきているという話をしました。 <a href="http://blog.sme-itdept.com/entry/2015/04/28/%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%8CIT%E9%83%A8%E9%96%80%EF%BC%9F" data-mce-href="http://blog.sme-itdept.com/entry/2015/04/28/%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%8CIT%E9%83%A8%E9%96%80%EF%BC%9F">…</a>

どこまでがIT部門?

IT部門というのは、ほかの管理系の部門にくらべて業務の境界があいまいです。例えば、経理や人事と言えば、それなりに業務の対象が明確ですが、"IT"なんていうあいまいな文言を使うと、いろんな仕事が舞い込んできます。 物理的なモノの管理者 20年くらい前…

予算は減らしたくない

引き続き、お金のお話です。 毎年、新年があけると恒例の来期予算の作成が始まります。 5年に一度のボーナス 毎年厳しく予算削減を求められるシステム費用ですが、ことP/L(損益計算書)に関して言うと、5年に一度ボーナスが発生します。自社開発している大…

世界はITに投資している

前回予算の話をしました、IT予算の件について。 コストと認識されると削減対象になる 一般にある費用が「コスト」と認識されると、それは、削減対象となり、削減することが善となってしまいます。IT予算も一旦コストと認識されると、毎年XX%削減的な、削減目…

テストフェーズ、真実は闇の中

つい先日のこと、カットオーバー2ヶ月前になって、 「すみません、お客様の要件を満たすために、4ヶ月カットオーバー時期が遅れます」 とのこと。寝耳に水で、えーー!!って感じでした。 同じ部署のメンバーにまかせっきりのプロジェクトだったので、完全…

FtoFをまず減らす努力を

前回こちらの記事を紹介しました。 チームラボ・猪子寿之:ヤフーもやめたでしょ。「ノマド」「在宅勤務」を禁止する理由 | BizCOLLEGE <日経BPnet> 「ノマド」や「在宅勤務」は、イノベーティブな仕事に向かないという件です。恐らくその通りなんですが、…

年を取ってしまったんですよ。

先日、部下から、 「そういう逃げ腰なことやってていいんですか?正しいこと言わなくていいですか!!」と 厳しい一言が。そうなんですよ、その通りなんです。 言い訳は一流 もともとは、本来やるべきことが、やるべき部署でなされていないので、システム部…

超売り手市場

ITベンダーは、最近儲かっているようで、買い手のユーザー企業から見ると超売り手市場です。 ITベンダーからの値上げ圧力は、日に日に強まるわけですが、ITベンダー自身も人員確保が大変なようです。 IT分野の派遣「月収100万円」でも集まらず IT分野の…

昭和型オフィスの良し悪し

こんな企業があるそうです。 オフィスなのに社員がノマドな働き方をする会社 | 【瓦版】 社内が、ファミレス風やら、マンが喫茶風やらで、セクションが分かれており、それぞれ雰囲気が異なるそうです。 ノマド制度もかすむ自由空間 とあるように、確かに、ノ…

AWSに駆逐される人々

最近、うちみたいな中小日本企業でもAWSを始めとした、インフラのクラウド利用が進んできています。 JUASの「企業IT動向調査報告書2013」ユーザー企業のIT投資・活用の最新動向(2012年度調査)によると、プライベートクラウドについては、売上高1兆円以上の…

朝9時に会社にいる必要はあるのか?

うちの会社は一応9時が定時となっております。当然、9時に雁首そろえて着席しているのですが、果たしてそれが意味あることなのかと。 正直会社こなくても、仕事さえしてくれればよいのです。世の中これだけITが発達して、skypeでもハングアウトでも、低コ…

IT部門の人員構成

IT部門も部門というからには、それなりに人がいて、それぞれ役割があります。ただ、それらのメンバーは、必ずしも正社員というわけではなく、派遣、業務委託等々、様々な人で構成されています。 例えば、IT部門には次のような役割を持つメンバーがいます。 …

ブログランキング・にほんブログ村へ