読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

村で育ちの高齢者が経営する日本企業

さて、前回紹介しましたが、政府で「未来会議」なるものが開かれ日本の成長戦略について議論されています。また、そこから出た主要4テーマについて「構造改革徹底推進会合」が個別に設置され議論が進められています。 前回に引き続き、この資料の内容につい…

勤続XX周年って祝うもの?

こちらの本、「日本の会社はほとんどいらないよね」、という話と、「社畜やるより好きなことやった方がいいよ」といった内容です。 99%の会社はいらない (ベスト新書) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2016/07/09 メディア: 新書 こ…

社員に余裕がないと会社は伸びません2 - 組織市民行動

前回は、「評価されるかどうかわからないけど、他の人を手伝うような行動」をOrganizational Citizenship Behavior(OCB)とよび、海外で多数研究されているという話しでした。 blog.sme-itdept.com OCBは組織にプラスか さて、このOCBですが、本当に企業に…

社員に余裕がないと会社は伸びません1 - 組織市民行動

一時期の不景気もあり、日本の企業はどこも社員を絞り、少ない人数で社員をフル回転し会社を運営しています。一方でここ数年景気が良くなっていることもあり、さらに社員は忙しくなり、社員をこき使うのも極限までにきている感があります。 企業はいかに社員…

出世なんて運です。

日本企業に来て最初に驚いたのが、出世の不透明さ。なぜあの人がなんてのはざらです。 成果主義なんて役にたたない? 出世するかしないかは、上司の評価によります。評価は多くの場合、なんとなく定量化された指標で行われます。 一時、流行った成果主義なん…

敬称はマインドコントロールか

日本企業に来て驚いたのが、敬称の使い方です。 敬称なんてくだらねぇ 若かりしころの働いた外資系やスタートアップはすべて、「さん」付けでした。上司はもちろん、社長であっても、「XXさん」です。 一社は、千人以上いる会社で、社長に直接あったことが…

できるやつを見極める。性格でわかるか?つづき

前回、性格の測定方法について述べましたが、では仕事と性格の関係について。 仕事と性格 仕事のできる人間を採用したいというのは、どの時代も同じで、ずっと昔からある悩みです。この悩みは"Personal Selection"というキーワードで、心理学の分野で数多く…

社畜ができる仕組み

ずっと外資系、スタートアップにいたのですが、日本の中小企業に転職してはや10年、ふと自分を振り返ってみると社畜化していることに気づきます。 こうして社畜が完成する あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。 作者: 日野瑛太郎 …

年を取ってしまったんですよ。

先日、部下から、 「そういう逃げ腰なことやってていいんですか?正しいこと言わなくていいですか!!」と 厳しい一言が。そうなんですよ、その通りなんです。 言い訳は一流 もともとは、本来やるべきことが、やるべき部署でなされていないので、システム部…

世界は若者にやさしくない

日本でも、若者の非正規雇用者の増加やワーキングプアなどの問題が指摘されていますが、世界でも同じような状況は起きているようです。 こちらの書籍では、 僕たちが親より豊かになるのはもう不可能なのか 各国「若者の絶望」の現場を歩く 作者: リヴァ・フ…

朝9時に会社にいる必要はあるのか?

うちの会社は一応9時が定時となっております。当然、9時に雁首そろえて着席しているのですが、果たしてそれが意味あることなのかと。 正直会社こなくても、仕事さえしてくれればよいのです。世の中これだけITが発達して、skypeでもハングアウトでも、低コ…

コンサルタントは人を見る目がない?

先日とある中堅企業の方と話していたところ、外資系コンサル会社から鳴物入りで新しい役員が転職してきたのだが、その人の採用する中間管理職がひどく、その部下でメンタルを病むなど被害者が続出しているとのこと。 この役員の方、仕事は結構できる(できそ…

ブログランキング・にほんブログ村へ