中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

これじゃ意味ないじゃんという作品

「美女と野獣」の実写版が劇場公開され、TV等で露出が増えています。

この作品、言うまでもなくディズニーの名作です。あらすじはこちら

基本は、人を見た目で判断してはいけない。中身を見て人に接しなさいというお話です。

王子は、もともと人間なのですが、魔法で野獣にされてしまいます。その野獣の姿の王子に主人公は恋をするのですが、最後は魔法が解けてもとの姿に戻ります。

 

で、これって戻す必要ないじゃん。身体的な特徴がどうであろうと、中身が重要。いかに中身を磨くかが重要という話であれば、むしろ王子の姿はそのままでも良かったのではないかと。それが戻ってしまうと、これまではなんだったんだ、結局外見じゃないか、と感じてしまうのは自分だけでしょうか。

 

さて、身体的な性質は遺伝率が高いです。例えば、体重や身長の遺伝率は0.8を超えます。これは性格や知能の遺伝率よりも高い値となっております。
うすうすみなさん気づいていると思いますが、背が低い親の子供は低いことが多く、体重が多い親のこどもは体重が多いことが多いのです。

(このあたりはこちらを) 

日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書)

 心はどのように遺伝するか 双生児が語る新しい遺伝観 (ブルーバックス)

なので身体的な不利は先天的で、それを努力で克服するというのは、永遠のテーマだったりします。ナポレオンは背が小さいのがコンプレックスだったとか。

 

さて、身体的な不利を克服する作品はたくさんあるのですが、その中でも、結末が全く意味ないじゃんという作品がこちら。 

健太やります!(1) (少年サンデーコミックス)

健太やります!(1) (少年サンデーコミックス)

 

今では野球漫画「MAJOR」を世に出している人気漫画家、満田拓也が30年近く前に書いたバレーボールの漫画です。

 

主人公の 井口健太は、バレーボールが大好きなのですが、身長が低く、アタックは打てません。それでも努力を重ねてレシーブを磨き、背が低いながらもバレー部の一員として活躍するという話です。全国の身長が低いバレーボール選手を元気付ける作品です。遺伝的な身体的特徴が、バレーボールという分野で向かないとしても、努力を重ねれば活躍できるという含蓄のある作品です。

 

ところがこの最終回に衝撃的な出来事が起こります。健太の身長が突然伸び185cmくらいになってしまうのです。これじゃ、バンバンアタックが打ててしまいます。これまでの努力はなんだったのか、結局身長が伸びないとダメなのかという、これまでの努力はなんだったのかという結末です。

 

当時、高校生だったような気がしますが、衝撃の結末でした。

 

もしかすると、「少年たちよ、まだまだ身長は伸びるから希望を捨てるな」といメッセージだったのかもしれませんが、背も高くなく、顔もいまいちな自分にとっては、夢も希望もないでした。

 

(まずは自身の遺伝的特徴を知りましょう。こちらはベストセラーで読みやすいです) 

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 

 

AIでガン診断

医療とITは最近ホットトピックです。たとえば、googleのdeep leaningで画像認識することでガンの診断を行います。
 
なんのスコアかよくわからないのですが、人間が73%に対して、このアルゴリズムが89%と精度が高く、言うまでもなく診断にかかる時間はAIの方が圧倒的に早いとのことです。
 
この記事では、AIが医師の仕事を奪うわけではなく、それをサポートするものだと述べています。
 
サポートの技術だとしてもこれは多くの患者を救える素晴らしい技術なのではないかと。
 
実際ガンの検査となると、細胞を取って結果がでるまでに3週間もかかったりします。大きな大学病院でも数名しか細胞を診断できる医師がいないこともあり、そうなると大量のデータを処理するのに、何週間もかかります。
 
進行性のガンとなると、この数週間が致命傷だったりします。わずか数週間で状況がどんどん悪化し、治療もできなくなるといったこともあります。
 
こういったAIの使い方は多くの人を助ける素晴らしいやり方ではないかと。アニメ画像をAIでなんてのも楽しいのですが、できれば苦しむ人々の役に立つ使い方を積極的に発明してほしいものです。
 

 

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ