中堅企業IT部門の日常

中堅企業IT部門の中間管理職で半研究者の雑談です。毎週火曜日更新予定

アルコールで調子はよくなるのか

お酒の席ではついつい調子がよくなってしまいます。大失敗はしませんが、それでも「なんであんなこと言っちゃたかな」と、翌日落ち込むことはざらです。

 

性格のビックファイブ

人の性格を測定する方法は、数多く研究されてきましたが、最近よく見かけるのがビックファイブです。

性格を次のような5つの因子で説明できるとしています。

  • 外向性(extraversion)
  • 協調性(agreeableness)
  • 良識性(conscientiousness)
  • 神経症傾向(neuroticism)
  • 開放性(openness)

詳細はこちらを。

blog.sme-itdept.com

 

ビックファイブとあるコール

このビックファイブを使って、アルコールを飲む前とあとで性格がどう変わるかを研究したグループがいます。

wired.jp

この実験では、参加者に事前に性格のアンケートを取り、被験者本人がアルコールを飲む、飲まないでどのように性格が異なると考えているかを自己評価します。
そしてアルコールを飲み、3、4人のグループになり、ゲームを行います。性格がどのように変化したかを参加者及び、研究者が評価します。

 

結果としては、

被験者たちの自己評価は、彼らが性格の5つの因子すべてにおいて変化を感じたとの結果になった。たとえば、素面のときと比べて誠実性のレヴェルはより低く、外向性や感情の安定性はより高いレヴェルになった。

自分では、酒を飲むと、より誠実ではなくなり、外交的になると思ってます。まあ、酒を飲むと勢いにのって調子がよくなり、ついつい悪いことをしてしまう、そんな感じでしょうか。

これに対して、外部の観察者たちは、外向性においてのみ有意な違いを記録した。アルコールを摂取した被験者たちは、より社交的で、肯定的で、対話的だった。

とのことです。つまり、他人から見たら、自分が思っているほど性格は変わっていないということです。

 

自分では、調子に乗って言い過ぎたかなと思い、翌日謝ったりすると、「え、何が」という反応が多々あります。

 

お酒を飲んで、あー失敗したなと思っても、それほど気にする必要はないのかもしれません。まだまだ調子に乗っても大丈夫です。

 

 (ビックファイブについてはぜひこちらを)

性格のパワー 世界最先端の心理学研究でここまで解明された

性格のパワー 世界最先端の心理学研究でここまで解明された

 

 

日本企業のすばらしさ、恐ろしさ

「これまでの働き方は、もう成り立たない」的な話が、ここのところ流行っていますが、それでも古典的日本企業は安定しています。

「東芝はどうなんだ、東電やJALだってこないだまでガタガタだったぞ」

確かに、いくつかの大企業がガタついているのは確かですが、それでも外資系やスタートアップで、普通に働いていても首切られていくのに比べれば、多くの日本企業は安泰です。

いつまで働けるのか

以前勤めた外資系、スタートアップなんて、いつまで働けるのか全く見通せない会社でした。外資は結果出せなければ、新卒一年目から肩をたたかれ退社していきます。

給与は自分の価値に対して払われるもので、出来れなければそれで終わり。会社が自分を守ってくれるなんてことはないし、単なる雇用契約で結びついているだけ。そう思っていました。

 

また、スタートアップに至っては、「今月、給与払えないかも」などということもざらでした。

 

ずっといて当たり前

ところが日本企業に転職してみると、これが驚くほど社員に優しい。自分の会社の社員はそう簡単に首にしません(できない)し、最近はパワハラもうるさくなってきているので、多少仕事で失敗してもさして怒られません。

また、年功序列・定期昇給は、依然としてなくなっていないので、給与も適当にやっていると上がっていきます。年を取るとそれなりにいい暮らしができるようになります。

ただ、その心地よい状況に浸っていると、あっという間に茹でガエルになってしまいます。自分の能力・価値ともらう給与がどんどん乖離していきます。

 

恐怖にとらわれて、自由を失う

朝日新聞社を辞めた、稲垣えみ子さんの『魂の退社』では、 

魂の退社

魂の退社

 

 高い給料、恵まれた立場に慣れきってしまうと、そこから離れることがどんどん難しくなる。そればかりか「もっともっと」と要求し、さらに恐ろしいのは、その境遇が少しでも損なわれることに恐怖や怒りを覚え始める。

と述べられています。

 

与えられることが当然になり、その環境でさらにもらいたいと考えだします。自分が会社に提供している価値は対して向上していないのに、より高い給与、より高いポジションを求めます。そして、ゴマをすったり、派閥に入ったりと、会社にしがみつき、そこから離れることを恐れるようになります。

さらにそれが、上手くいかなければ、上司や会社を批判します。「あいつらはわかってない」

 

稲垣さんは、

その結果どうなるか。自由な精神はどんどん失われ、恐怖と不安に人生を支配されかねない。

とも言っています。

 

「役員の怒りを買わないようにおとなしくしていよう。そうしたら部長になれるかも」

なんて考えだしたら、自由を失った社畜になってしまいます。若き日々に夢見た大人からどんどん離れていくのです。

 

さて、そろそろ40代半ばですが、
「ここでうまくやれば、最後は役員になれるんじゃないか。ここで役員に嫌われたら終わりだ。」

こういった思考が頭の片隅をかすめます。ここらが決断の時期かもしれません。今の生活を死守するか、新たな世界で戦うか。

 

40代も悩みが多いのです。

 

(独立する前にぜひ一読を)

魂の退社

魂の退社

 

 

 (社畜になった人のために。社畜は社畜なりの生き方があります)

仮面社畜のススメ (一般書)

仮面社畜のススメ (一般書)

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ